FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K子さんとデート。3回目

K子さんとデートしてきました。三度目です。

知り合って最初のデートまで2か月、次が1か月、その次が1週間、間隔がだんだん短くなって、これは加速度的に接近しているということ!?

というわけで、今回はスペイン料理屋に行きました。前回、スペインのタパスをつまめるバルでシェリーを飲んだ時に話をしたら是非行ってみたいということだったので。

お店は地元では有名な老舗。週末の夜はフラメンコと生ギターも入る雰囲気のいい店です。

スペイン産のスパークリングワイン、カヴァを飲み、エビのオリーブ油煮、マッシュルームのソテー、ハモンセラーノをつまみながらパエリアを待ちます。

イベリコ豚の入ったパエリアが炊きあがる頃にカヴァも空いて、二本目は赤ワイン。さすがK子さんとだとペースが早い(笑)

パエリアと一緒に頼んだのはスペインのニンニクスープ。いったいこの一皿に何粒のニンニクが入っているのか…

「デートで食べるものじゃなかったかな?」

と私がいうと

「そうですよ、キスできなくなっちゃいますよ(笑)」

とK子さん。ワインを吹きそうになりました。

「あ、でも二人で食べちゃえば共犯ですね(笑)」

と追い討ち。でもその話はそこまでで、その後お互いの配偶者のこととか、少ししんみりした話になり、デザートのクレマ・カタラナとコーヒーで食事は終わり。店を出ました。

パエリアとデザートでお腹もいっぱいだし、どうしようか、と歩くうちに海沿いに出て、何となく手を繋ぎ、会話が途切れがちになり、近くに人影はなく…

勇気を出して、でも冗談めかして

「ニンニクくさいかなあ?」

と言ってみました。

「試してみますか?」

といたずらっぽく笑うK子さん。目を見つめると、そのまま見つめ返してきます。顔を近づけると、目を閉じる。そのままキス。唇を触れ合うだけの、軽いキス(ニンニクくさいといけないので(笑))。

「ニンニクくさくない?」

「大丈夫ですね、共犯ですから」

「もっと重大な共犯、しちゃおうか?」

こくりと頷くK子さん。

というわけで、その夜、二人は結ばれました。



不機嫌の地雷

一方を聞いて沙汰するな、は夫婦や男女の間のことにも当てはまります。
当然ながら、私がここに書くことは、私の一方的な感じ方でしかありません。それは十分承知したうえで、私がどう感じているか、を書きたいと思います。

私は妻に対してどうしても好きになれない部分があります。
それは、妻が、私や子供も含め自分以外の他人への許容度が極端に低いことです。
他人が、自分の期待通りの言動をしないと許せない。そして不機嫌になる。

言動、非常に些細なことです。子供が自分の言ったとおりに部屋を片付けない。それで不機嫌の地雷が爆発します。
そして、何故か私に原因があるようなことを言いだす。私が普段鞄を床の上に置くのが原因だ、などと的外れなことを言いだす。そして、だから原因を作った本人が指導して片づけさせろと怒りだす。その指導の仕方が気に入らないと更に怒りだす。もう地雷原突入です。
そうすると、子供がどう頑張って片づけても、重箱の隅を突くようにダメなところを見つけて怒る。子供もどう対処していいかわからなくなります。

一方的に文句を言われ続ける子供たちや私は、ただ黙って聞き流すしかない。
でもそうすると「いい加減に相槌だけ打って、真面目に話を聞いてない」と火に油を注ぐことになる。

で、一方的に爆発した後、何事もなかったかのように子供たちや私に接してくる。それも理解できない。

そんな相手を、もう一回好きになるなんてできるのかな…

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ
にほんブログ村

K子さんとデート。2回目

K子さんとデートしてきました。

前回がフレンチでワインのあとバーでカクテルでしたので、今回はグッと和風に焼鳥屋から。

店の作りは茶室を模した落ち着いた雰囲気。カウンターのみですが、隣との感覚も広々してるし、カウンターの内側の店員さんとも距離があるので、並んで座って少し体を寄せ、静かな声で喋れば周りを気にせずにちょっと込み入った話もできます。

テーブル席や個室とも違った親密な雰囲気が作れて、実はここ、女性と仲良くなりたいときにはうってつけの「勝負焼鳥屋」です(笑)

焼鳥はもちろん極上。

「おまかせで、血肝(ちぎも)は入れてね」

と注文。血肝とはごく新鮮なレバーを串に刺して、表面だけさっと炙ったもの。これを食べるためだけにこの店に来たと言っても過言ではないくらい(笑)
そして酒も旨い。二人とも強いのでビールからすぐに日本酒に切り替え、二人とも強いし、焼鳥も美味しいので、お酒もかなりのペースでした。

いい気分で酔ったところで、二軒目はスペインのタパスがつまめるバルへ。ハモンセラーノでシェリーを飲みながら、その日ちょっと気になってたことを聞きました。

「指輪、してないんだね?」

前回は確かに左手の薬指に指輪がありました。でも今回は無い。

「あら、よく見てますねえ。だってこの前飲んだ時に見て、ポン太さんは指輪してないんだ、って思ったから、私も対抗して(笑)」

確かに私は普段指輪をしていません。それをきっかけに、お互いの夫婦のことに話題が移りました。

「ポン太さん、奥さんとお友達状態って言ってたけど、エッチしてないって意味ですか?」

いきなり直球ストレートです(汗)

「その質問への答えを聞いたら、後で同じこと聞かれるんだよ?」

「えー、ホントですか?(笑)」

というわけで、私も簡単に状況を話し、K子さんのことも聞きました。

前回、すごく仲がよさそうなわけでもないのかな、とは感じていたのですが、K子さんのところも「あんまりない」と…

彼女が話してくれたのは、子供が出来ず不妊治療を続けていたこと、そこでの気持ちのすれ違い、そして決定的だったのはダンナの実家で「子供はまだか」のような悪気のない、でも心ないことを言われた時に、ダンナが味方をしてくれなかったこと。それで不妊治療も打ち切り、ダンナへの気持ちも冷めてしまった、ということでした。

「子供がいるって、どんな感じかなあ?」

というK子さんの目には、涙が光っていました。

「こんな話して、私酔ってますねえ」

そう言う泣き笑いの彼女の肩を、私は抱き寄せればよかったのでしょうか?

もっと軽い気持ちだったらそうしたかも。でも、その日はそのままK子さんをタクシーに乗せて別れました。すぐに彼女からメール

「今日はごちそうさま!ヘンな話しちゃってごめんなさい。でも何だかどうしてもポン太さんに聞いてもらいたくなって…また飲みましょうね!」

と。ちょっと本気で好きになっちゃいそうです。

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ
にほんブログ村

エネルギー

夫婦関係の修復がうまくいかなければ離婚も選択肢の一部だと思います。

ただしそれは最後の手段だし、少なくとも子供が独立するまでは絶対に避けたい。
子供の独立…経済的に、ではなくて精神的に、かな。

精神的に独立しで、親の離婚を受け入れられるのって、幾つくらいなんだろう?あと十年くらい?

その十年の間に結論を出せばいいのかな?

これは判断を先送りにしようと逃げていることになるなんだろうか。
でも、セックスレスを解消するのも、夫婦関係を解消するのも、どっちも相当のエネルギーがいるんだよな~


にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ
にほんブログ村



M子のこと

ココロとカラダ、の記事を書いて思い出した人のことを書きたいと思います。
以前にW不倫してたM子のことです。

知り合ったのは会社の後輩の主催の合コン。参加者中、わたしが最年長で、彼女が最年少。ひと回り以上離れていました。そして二人だけが既婚者。

何となく話が合い(お互い既婚者という事で隔離されたから?)、メアドを交換して、その後もメールするようになりました。

はじめは何でもない日常の話。仕事のこと、趣味のこと、映画のこと、世の中の出来事のこと、お互いの出身地とか、学生の頃の話とか。
そのうち、人間関係や家庭生活保護の悩みなども話すようになり、彼女も、大学卒業と同時に結婚した学生時代からの彼とは、結婚してまだ数年だというのに既にセックスレスだということを聞きました。

そんな話が出来るくらいまで、メールのやり取りの中で相当の信頼関係を築き、お互いに好意を抱くようにもなっていまいた。

ですから、そのあと初めて2人で飲みに行った日に男女の仲になったのは自然なことだったと思います。

そして…

彼女とは本当にカラダの相性がよかった(と、その時は思いました)。キスの仕方、触れ合った肌の感覚、それだけでも今まで知っていたどの女性とも違う。彼女も、ダンナとのセックスではイッたことがなかったのに、私とでは一度の交わりで何度もイケるように。そのうち、胸への愛撫だけでもイクようになったくらいです。私も彼女の中に入ると、いつまでも続けることが出来たし、痛いほどの硬度がずっと持続してました。感じないから続くのではなく、私もとても気持ちいいのに、いくらでも柔らかく熱い彼女の中を刺激し続けられる。そして最後はいつも一緒にイクことが出来ました。正常位で、全身を密着させ、キスをしながら彼女の中へ。そして私のが小さくなり、彼女の中からこぼれ出すまで、ずっと抱き合ってキスしたままで…

好奇心も旺盛で、ホテルだけではなく、ショッピングモールの駐車場に停めた車の中で、カラオケボックスで、夜の観覧車で、ダンナが不在の彼女の家で、いろんなところで愛し合い、それを写真やビデオに撮ったり。それも深く信頼し合ってたからこそできたのだと思います。

でも、そんな幸せも長くは続きませんでした。

「夫が子供が欲しいって言い始めて…」

「夫の子供は産みたくない。ポン太さんとやり直したい…」

と…

私も本当にM子のことが好きだったので真剣に悩みましたが、やはり子供たちを犠牲にすることは出来ない。

「だったらポン太さんの子供だけでも欲しい。夫には貴方の子どもだって言うから」

流石にそれはできません。それからもしばらくは続きましたが、彼女はダンナと子作りセックス、私とは避妊をして。

「夫には感じないし、ただの子作り作業。本当に愛してるのはポン太さんだけ」

と言ってくれましたが、でも、ダンナに抱かれている彼女を想像して激しく嫉妬し、耐えきれずに別れました。

そして、二年ほどして彼女から連絡があり、会いました。しばらく努力したけど結局子供は出来ず、それで夫婦関係がまたギクシャクして、セックスレスに戻ってしまったこと、殆ど仮面夫婦のような状態になっている、ということを聞きました。

二人ともその他にもいろいろと上手くいっていない時期で、お互いに、寂しさを紛らわしたくて、お酒を飲んでホテルに行きました。でも、もう以前のように愛し合えなかったんです。あれほどしっくり馴染んでた肌も、何か違う。彼女も反応しないし、以前はキスだけで下着を濡らすほどだったのに、全く濡れてこない。私も硬くならず、彼女の中に入れない。

最初は久しぶりだから?と思いましたが、それから何度か会ったけど、状況は変わらず。
お互い、寂しさで肌を合わせてたけど、以前のようにココロでお互いを求め合うのでなくなってしまってたんだと思います。
なので昔の様な激しく求め合うセックスはもう出来なくなってたんですね。無理矢理やってる、まるでセックスレス夫婦みたいな行為(苦笑)

それでもう会わなくなったけど、つまり最初の恋愛期間に最高にカラダの相性がいい、と思ったのは間違いで、あれは本当にココロとココロの深いところで求め合った結果、カラダが反応したということなんだろうなあと思います。

やっぱ人間って、ココロでセックスする生き物なんですね。

ココロとカラダ

ブログに書いてみて、読んでくださった方からのメッセージも拝見し、皆さんのブログにも遊びに行き、だんだん自分の気持というか考え方というか、整理できてきた気がします。

ココロとカラダは、ニワトリとタマゴではなくて、やっぱりココロが先なのかなあ、と考え始めてます。ココロが繋がっていることが重要。ココロで求めあうことが本質で、カラダを求めあうのは、その結果、表への現れ方の一面でしかないのかなあ、と。

あたりまえの話でしょうかね。

でも、セックスが無いから優しい気持ちも持てない、と考えていたこともあったので、それは違ってたのかも、と少し新しい発見をした気になってます。

じゃあ、自分はココロから妻のココロを求めているのか…

最近家庭外で気が散ることも多く、なかなかココロを集中できません(苦笑)

金庫の鍵は金庫の中に

セックスは男女の間の重要なコミュニケーション手段だと思います。

普段は表に出さずに隠している、他人には見せられないような生物としての基本的な欲求を曝け出し合う。相手にだけ見せる身体の反応。快感のための要求、甘え、ワガママ。そして、相手の要求に少しでも応えたい、快感を与えたという気持。

肌と肌の距離がゼロの時だけ、ゼロよりもっと近い距離、彼女の中に入っている時にだけ口にできる愛の言葉。

今の私は、妻との距離を縮めたいけど、縮めるための愛の言葉は、もっと近寄らないと話せない、という矛盾に陥ってる気がします。

つまり、閉じられた金庫を開ける鍵は金庫の中にある、という状態。
コミュニケーションしたい、とコミュニケートできない。

なかなか解決の糸口がみつかりません。

反省

セックスレス解消に向けて、進捗なしです。

この前の妻との不本意なセックス(9/21記事)、その後のJ子とのあんなこと(10/1記事)、なかなか前向きに頑張る気になれません。

でも、図らずも二人の女性と続けて肌を触れ合ってしまい身体が目覚めたのか、性欲旺盛になって困ります。朝起きた時なんか本当に無駄に元気。状況が違えば夫婦そろって大歓迎な現象なんでしょうけどね。

そもそも、こんなにエッチ好きな自分が何であんな淡白な相手と結婚したんだろう…と考えてはたと膝を打ちました。

女性経験豊富なような気がしてたけど、恋愛いっぱいしたような気がしてたけど、それは結婚後の話で、結婚前は妻の他には4人しか恋愛経験なかったんですよね~


ひとりめ、E代

3歳年上のOL。彼女が添乗員をしていたツアーに私が参加し、気に入られてお持ち帰りされました。といってもご両親と同居の自宅で、かつ彼女の婚約者も同席(苦笑)
その後、時々二人で会うようになり、彼女に童貞を捧げることに(^^ゞ
マリッジブルー、ってやつだったんでしょうか?
お見合いではないけれど、幼馴染で、半分は親同士が決めたような婚約者。私も何度か会ったけど、とても真面目で優しくて、そして面白味の無い人。
彼女は恋愛経験も男性経験もその婚約者だけで、
その他の、自分で選んだ男を経験してみたかったんでしょう。
初めてのエッチは「こんなもの?」という印象でした。私も初めて、彼女もほとんど経験がなく、その後も快感に溺れるようなエッチは記憶にありません。秘密の関係は彼女の結婚式の直前まで続いて、そこで終わりました。

彼女のことを本当に好きだったというよりも、初めて女性と付き合って、そして女性の身体を知ってハマった、婚約者がいるのに…という、一緒に悪いことをしている感覚が楽しかった、という感覚が強かった気がします。



ふたりめ、M美

7歳年上のOL。彼女は非常にエッチに積極的で、いろんなことを教えてもらいました。暇さえあれば彼女の家に行き、彼女の手料理で酒を飲み、そしてセックス。外でデートした記憶があんまりありません。休みの日も朝から夜まで一緒に布団にくるまっていました。セックスもいっぱいしたけど、映画のこと、旅行のこと、小説のこと、話もいっぱいしました。今にして思えば、精神的にも肉体的にもすごく相性がよかったと思います。
でも、年齢的にも結婚を考え始めた彼女と学生の私の間にだんだん溝が出来て、「いつかポン太くんのお嫁さにしてね」という彼女の言葉に返事ができず、終わりに。
結婚前に付き合った女性の中で、彼女が唯一エッチだったかも。


三人め、Y香。

大学の友達。飲み会の流れで何となくエッチして、そのまま付き合うことに。エッチの経験もすくなく、あまり積極的ではありませんでした。J子とも仲よかったので、よく四人で遊びました。でもJ子のこともずっと気になってた私は複雑でしたが…
なので、のめり込むような恋愛でもなく、その後も、私が四人めのI美を好きになって終わりに。


四人め、I美。

バイト先の友達。遊びっぷりも派手で、男友達も大勢いるような、私がそれまで知らなかったタイプ。半同棲までしました。でも、エッチよりは飲みに行ったり海に行ったり、遊びまわった方が記憶に残ってます。I美といると、毎日が新鮮で刺激的でした。私も卒業間近だったし、遊び好きなI美を繋ぎとめておきたいという気持で結婚も意識しましたが、男友達の多かったI美が飲みに行ってそのうちの1人とヤッたことが判明。それで別れました。


そして、その後就職してから今の妻と知り合い、付き合いはじめるわけですが、よく考えたら、それまでの女性経験の中で、自分の性的嗜好というかエッチさというか、自分で気づいてなかったような気がしてきました。というか深く考えてなかったのかな?

独身時代にもっと勉強しておけばよかった。反省

いったい何がしたいのか

日本ブログ村、というところに登録してみました(リンクバナーが張れるらしいので後で頑張ってみます)。

で、登録ジャンルが複数選べて、複数ジャンルの比重も入力するようになっていたので、

レス夫婦 40%
夫婦再構築 40%
婚外恋愛 20%

にしました。レスを解消し、夫婦の仲を再びどうにかしたい、というのがこのブログの趣旨なので…

ただ、自分の行動を省みると、再構築なんて言ってたら叱られそうな気もします。

今までの行動パターン

①セックスレス解消の努力をする

②上手くいかず、婚外恋愛に逃避する

③婚外恋愛が終わる

④反省して①に戻る

の繰り返し。あ、②が妻バレしたことはありません。と思います。少なくとも私の感知する限り。

婚外恋愛してきたことが妻に知られたら再構築もないと思います。セックレスの寂しさを紛らわすため、だけど、妻を裏切ってきたことに変わりはない。でも、身勝手だけど、やっぱり妻と仲良く戻れるのなら戻りたい。

また、婚外恋愛の相手にも、レスの寂しさを紛らわすため、とか、妻と仲良く戻れるのなら戻りたい、なんて考えてることは言わない。それも相手に対する裏切りかな…

というわけで、私は身勝手な男です。あ~、自己嫌悪。

J子

J子のことが頭から離れません。

その場でも話したし、その後のメールでも、お互いこれ以上進展させる気持が無いことは確認しています。お互いの配偶者も子供たちも知ってますし、そのみんなを裏切ることは重たすぎる。

というか、J子とK男は今でもすごく仲がいいし、夫婦生活も充実しているということだし、私が入る余地なんかありません。

だから一回きりで終わらせなきゃいけないし、実際にきっとあの一回きりで終わりだと思います。

ただ、あの時のJ子の身体の反応を思い出して、J子とK男のセックスを想像すると、自分の今のセックスレスの状況と比べて、あまりの格差に愕然とします(実際にJ子にも夫婦生活の様子も聞きましたし)。

20年前、もし私が先に告白していれば、J子との人生は私のものだったかもしれないと思うと、ほんの少しのかけ違いがその後の人生をこうも大きく変えてしまったのかと思うと、ため息しか出ません。

とは言え、人生に「もし」はないけど、もしそうなってたら今の子供たちもいなかったわけで…

やはり今の自分の夫婦関係を改善するしかないのだなあと、改めて思いました。

でも…やっぱりJ子のことが頭から離れません。
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。