FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたつの喧嘩

ここ最近、ふたつの喧嘩をしました。
ひとつは妻と、ひとつはK子と、です。

喧嘩の理由はまったく違って比較できないから詳しくは書きません。
その後の経緯に重点を置いて書きたいと思います。

まず、妻と。きっかけは子供の叱り方だけど、子供の教育に関する考えかたの小さなずれが、話しているうちにヒートアップしていきお互いに対する不満の応酬へと発展し、そのうちに大きな声での怒鳴り合いに。

そうなると、妻はかなり口が立つ、というか論理に多少の破たんがあっても立て板に水のごとく言葉が出てきて、私はかならず防戦一方になります。

もう何年も繰り返してきた、いつもの喧嘩のパターン。口論は堂々巡りで、お互いに歩み寄ろうという気持ちは全くない。

「もういい」

と話途中で席を立ち、使っていない部屋に布団を敷いて鍵を閉めて籠りました。

翌朝はお互いに顔を見ないように、それぞれに子供とだけは普通に接している。夕方くらいには必要最低限のことだけは話すようになり、翌々朝は何事もなかったように普通に会話していました。それもいつものパターン。

解決したようにも見えますが、根本は何も改善されていない。謝るわけでもなく、お互い、どうすればよいか、を話すわけでもなく、ただ口論したことが無かったことになっている。でも、それは消えて無くなったわけではなくて、心のいちばん深いところに、薄く薄く、でも澱のように何層にも積み重なっていっている、という気がします。



一方、K子と。きっかけは小さな気持ちの行き違い。K子とは生活も職場も、学生時代のような過去も共有しているわけではなく、お互いの属している社会に共通する部分が無い。K子の世界で私が知っているのはK子と私の関係だけ。私の世界でK子がしっているのもK子と私の関係だけ。私には子供があり、K子にはいない、という家庭の違いもあります。

そこで生まれた小さな誤解とか、気持ちのすれ違いとか、それが小さな事件になって、喧嘩をし、楽しみにしていた週末のデートをキャンセルすることになりました(詳しく書けなくてスミマセン、具体的に書くとわかる人にはわかり、個人を特定できてしまいそうなので…)。
一夜明けて翌日、メールで話して、なんとか誤解は取り除けたけど、どうも気持ちがスッキリしない。土曜で仕事は休みでしたが、家族には仕事で急用ができたと言って、車でK子の家の近くまで行きました。

「少しだけ出て来れない?」

途中で電話を入れたので、1時間くらいなら、とK子もダンナには買い物と言って出てきてくれました。

K子を助手席に乗せて、行くあてもなく走り出し、最初は無言で、そのうちどちらからともなく

「ごめんね」

と。それから色々と話をしました。言えずにいたちょっとした不安、嫉妬の気持ち、少しだけ感じていた不満、ふたりのこれからの付き合いのこと…

話すうちに胸のもやもやは消え、「好き」な気持ちが以前よりももっと強く湧きあがってきました。K子も同じ気持ち。

路肩に車を停め、キスをして抱き合いました。

「ポン太、大好きだよ」

「俺も、大好きだよ」

「昨日の喧嘩のことだけじゃなくてね、今まで言えなかったこと、全部喋ったらスッキリした」

「うん、顔見て、ちゃんと話せてよかった」

そしてもう一回キスをして、K子の家から少し離れた所でK子を降ろしました。

家に向かうK子は、ときどきこちらを振り向きながら携帯をさわっている様子。すぐにメールが来ました。

「喧嘩の前よりもっと好きになっちゃったよ?たまには喧嘩もいいね(笑)」

私もすぐに返しました。

「でも誤解は解けたんだし、前よりもっと大きなネタじゃないと喧嘩にならないと思うよ?」

「じゃあ頑張ってネタ考えるね!o(^^)o」

一回分のデートはふいにしたけど、何倍も大事なものを手に入れた気がしました。



最初にも書いたとおり、原因も全く違うし、そもそもそれ以前のお互いへの気持ちが違うのだから結果も違って当然なんだけど、改めて妻との関係、K子との関係が私にとってどういうものであるかを感じました。


にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ
にほんブログ村

沖縄料理デート

ちょっとブログ更新の間が開いてしまいましたが、K子とは定期的に会えています。今回のデートは沖縄料理です。

食べログで見つけて、美味しそうだったので是非行ってみたいということになり…

ちなみにその店がある駅には近くにラブホテルが無いので飲んだ後の移動が面倒だな、と思っていたのですが、その日K子は「女の子の日が来ちゃった…」ということで、では久しぶりにエッチなしでとことん飲もう、ということにしてその店に行きました。

急に決めたので予約なしで行ったのですが、カウンターの二席を残して後は全て予約済み。私たちの後に来たお客さんは入れずに帰ってました。駅からわりと歩くのに、さすが食べログの人気店です。

料理はラフテー、ゴーヤちゃんぷるー、沖縄天ぷらなどいただきましたが、どれも美味しい。オーナーは沖縄出身らしい若いご夫婦で、ご主人が厨房、奥さんが接客担当のようです。厨房へのオーダーの通し方など仲がよさそうな雰囲気が伝わってきて、何だかとてもいい気分になりました。

「いいね~、この店。俺たちも脱サラしてこんな店やるか!?」

「うん、私がカウンターで、ポン太が厨房担当ね」

そんなことを話しながら、オリオンの生ビールから甕出しの泡盛の古酒ロックに。料理もウマい、雰囲気もいい、いつも以上に酒が進みました。

いい気分で店を出て、二軒目。気になる立ち飲み屋があったのですが、二人とも泡盛で足腰がアヤシイ感じでしたのでパスしてカクテルバーへ。カウンターに並んで座り、私は

「香りが強いスコッチ」

K子は

「フレッシュジュースを使った強いカクテル」

というリクエストで、後はお任せ。何が出てきたかは…酔っ払って覚えていません(^^ゞ

カウンターの下でこっそり手を繋いだり、お互いの腿に手を置いたりして、耳元で

「キスしたいね」「エッチしたいよ」

なんて囁き合ってる二人は、バカップル?(^_^;)
いちおうバーテンさんや他のお客さんには気付かれないようにしていたつもりですが…

カクテルバーを出たらもう12時前でしたので駅に向かいました。すると道沿いのビルの半地下の駐車場が、いい感じに通りから隠れていてコッソリキスをするのにちょうどよさそうです(^_^;)

K子の手を引いて駐車場に入ろうとすると、

「どうしたの?」

と言うK子の笑顔はこちらの意図を見抜いている様子(笑)

駐車場に入り、ワンボックスカーの陰に隠れると、本当に通りから見えません。しかもワンボックスカーのスモークの窓越しに入口はよく見えるので、まんいち人が入ってきても大丈夫そう。

そこで抱き合ってキス。

「キスしたかったよ」

「私も」

とキスしているうちに、だんだんと私のモノも反応してきて、K子の下腹部に押し付けていたら気付かれました。

「あれ?ポン太、大きくなってるよ?」

「エッチしたいよ」

「ダメよ、女の子の日なんだから」

と言いつつ、K子は私のソコに手を伸ばしてきます。

「すごい硬い…」

しばらく服の上から形を確かめるように触っていましたが

「口でしてあげる」

と私の足元に腰を落とし、私のズボンのベルトを緩め…

K子の口の中は柔らかく、温かく、思わず声が出ます。

「あっ、気持ちいいよ…」

でもかなりお酒も入っているので、K子も頑張ってくれますが、なかなかイキそうになりません。K子に含まれているアソコは温かいけど、お尻が寒い(笑)

「まだ?」

と見上げながら聞くK子。なかなかいイカないので、今度は先端を口で咥えながら、根元を手でしごく二段攻撃。これがかなりの気持ちよさで、ついに

「あっ、イク」

と。K子は

「いいよ」

と言い、私がイキ、だんだん小さくなるまでの間、私のモノを口から離さず、一滴残らず絞り出すように刺激し続けてくれました。そしてその場で立ちあがると、そのままキスをしてきました。口移しで飲まされるのか、と一瞬焦りましたが、青臭い、なんとも言えない味がするだけです。

口を離すと、

「飲んじゃった」

と笑うK子。

「美味しかった?」

「不味いよ、オエってなりそうになった。でもポン太のだから、頑張って飲んだよ?」

思わず抱きしめて、もう一回キスしちゃいました。やっぱり青臭かったけど。



にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ
にほんブログ村
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。