FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたつの喧嘩

ここ最近、ふたつの喧嘩をしました。
ひとつは妻と、ひとつはK子と、です。

喧嘩の理由はまったく違って比較できないから詳しくは書きません。
その後の経緯に重点を置いて書きたいと思います。

まず、妻と。きっかけは子供の叱り方だけど、子供の教育に関する考えかたの小さなずれが、話しているうちにヒートアップしていきお互いに対する不満の応酬へと発展し、そのうちに大きな声での怒鳴り合いに。

そうなると、妻はかなり口が立つ、というか論理に多少の破たんがあっても立て板に水のごとく言葉が出てきて、私はかならず防戦一方になります。

もう何年も繰り返してきた、いつもの喧嘩のパターン。口論は堂々巡りで、お互いに歩み寄ろうという気持ちは全くない。

「もういい」

と話途中で席を立ち、使っていない部屋に布団を敷いて鍵を閉めて籠りました。

翌朝はお互いに顔を見ないように、それぞれに子供とだけは普通に接している。夕方くらいには必要最低限のことだけは話すようになり、翌々朝は何事もなかったように普通に会話していました。それもいつものパターン。

解決したようにも見えますが、根本は何も改善されていない。謝るわけでもなく、お互い、どうすればよいか、を話すわけでもなく、ただ口論したことが無かったことになっている。でも、それは消えて無くなったわけではなくて、心のいちばん深いところに、薄く薄く、でも澱のように何層にも積み重なっていっている、という気がします。



一方、K子と。きっかけは小さな気持ちの行き違い。K子とは生活も職場も、学生時代のような過去も共有しているわけではなく、お互いの属している社会に共通する部分が無い。K子の世界で私が知っているのはK子と私の関係だけ。私の世界でK子がしっているのもK子と私の関係だけ。私には子供があり、K子にはいない、という家庭の違いもあります。

そこで生まれた小さな誤解とか、気持ちのすれ違いとか、それが小さな事件になって、喧嘩をし、楽しみにしていた週末のデートをキャンセルすることになりました(詳しく書けなくてスミマセン、具体的に書くとわかる人にはわかり、個人を特定できてしまいそうなので…)。
一夜明けて翌日、メールで話して、なんとか誤解は取り除けたけど、どうも気持ちがスッキリしない。土曜で仕事は休みでしたが、家族には仕事で急用ができたと言って、車でK子の家の近くまで行きました。

「少しだけ出て来れない?」

途中で電話を入れたので、1時間くらいなら、とK子もダンナには買い物と言って出てきてくれました。

K子を助手席に乗せて、行くあてもなく走り出し、最初は無言で、そのうちどちらからともなく

「ごめんね」

と。それから色々と話をしました。言えずにいたちょっとした不安、嫉妬の気持ち、少しだけ感じていた不満、ふたりのこれからの付き合いのこと…

話すうちに胸のもやもやは消え、「好き」な気持ちが以前よりももっと強く湧きあがってきました。K子も同じ気持ち。

路肩に車を停め、キスをして抱き合いました。

「ポン太、大好きだよ」

「俺も、大好きだよ」

「昨日の喧嘩のことだけじゃなくてね、今まで言えなかったこと、全部喋ったらスッキリした」

「うん、顔見て、ちゃんと話せてよかった」

そしてもう一回キスをして、K子の家から少し離れた所でK子を降ろしました。

家に向かうK子は、ときどきこちらを振り向きながら携帯をさわっている様子。すぐにメールが来ました。

「喧嘩の前よりもっと好きになっちゃったよ?たまには喧嘩もいいね(笑)」

私もすぐに返しました。

「でも誤解は解けたんだし、前よりもっと大きなネタじゃないと喧嘩にならないと思うよ?」

「じゃあ頑張ってネタ考えるね!o(^^)o」

一回分のデートはふいにしたけど、何倍も大事なものを手に入れた気がしました。



最初にも書いたとおり、原因も全く違うし、そもそもそれ以前のお互いへの気持ちが違うのだから結果も違って当然なんだけど、改めて妻との関係、K子との関係が私にとってどういうものであるかを感じました。


にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ
にほんブログ村

前記事の鍵コメさんへ

コメントありがとうございました。

すぐにお返事したかったのですが、なかなか自宅でパソコンに向かう時間がなく、遅くなりました。また、コメントでお返ししようかとも思いましたが、とても考えさせられたし、ここに遊びに来てるレスや不倫中の皆さんにも参考になるかと思って、記事として投稿します。

(この記事は、ひとつ前の記事にいただいた鍵コメさんのコメントへの返事です)

レスの一歩手前の、しかも女性として喜びを感じないセックスから脱することが出来たんですね。とても素晴らしいことです。おめでとうございます。

そして、それが夫婦の精神的な繋がりや日常生活の潤いに繋がっている。大変羨ましいです。我が家もそんな風になれたらと、私もずっと思っています。

教えていただいたスローセックスの本も読んでみますね。

ひとつだけ、参考に訊かせてください。

数年前の、夫婦のセックスが変わる前、鍵コメさんはご主人に対して愛情はありましたか?男女の、ではなくてもいいです。家族として、子供の父親として、でもいいです。愛しいという気持ちはありましたか?

きっとあったんだと思います。あったからこそ、不満足なセックスも改善したいと鍵コメさんから思い立ち、ご主人にアプローチして、ご主人も応えてくれたんですよね。

その、お互いに改善しようという気持ちが重要なんだと思います。そして、レスに悩んでいる方の多くが、パートナーがその気持ちを持ってくれないことに悩んでいるような気がします。

誤解しないでくださいね。決して反論しているわけではありません。

鍵コメさんのところは、私も含め多くの人が悩んでいる夫婦の危機を脱することができた、貴重なケースだと思うんです。

どうやってお互いが改善しようという気持ちが持ちたのか。何か参考になりそうなエピソードでも鍵コメさんのお考えでも、また聞かせていただけたら嬉しいです。

今後ともよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ
にほんブログ村



解けないパズル

レス解消までの道のりを記録するつもりが、トンネルの途中で一時停車になってしまいました。青函トンネルの地底駅みたいだな…

過去何度か繰り返してきたパターンです。レス解消の努力をする→上手くいかない→このまま人肌の温もりの無い人生は嫌だ→家庭の外に温もりを求める…

家庭の外に温もりが見つかってしまったので、レス解消の努力は一時休止になると思います。

いいことなのかどうなのか…

20年後の自分の家庭生活について考えてみます。理想像は単純明快です。

愛する人と暮らし、愛のある満ち足りた生活を送っていること。
そして子供たちをしっかりと育て上げ、良好な関係でいること。もしかしたら孫もいるかも。

それだけです。

でも、今あるパズルのピースをどう組み立てれば理想の絵が完成するのか、想像できません。

どうしてもピースがかみ合わないような気がしています。

不機嫌の地雷

一方を聞いて沙汰するな、は夫婦や男女の間のことにも当てはまります。
当然ながら、私がここに書くことは、私の一方的な感じ方でしかありません。それは十分承知したうえで、私がどう感じているか、を書きたいと思います。

私は妻に対してどうしても好きになれない部分があります。
それは、妻が、私や子供も含め自分以外の他人への許容度が極端に低いことです。
他人が、自分の期待通りの言動をしないと許せない。そして不機嫌になる。

言動、非常に些細なことです。子供が自分の言ったとおりに部屋を片付けない。それで不機嫌の地雷が爆発します。
そして、何故か私に原因があるようなことを言いだす。私が普段鞄を床の上に置くのが原因だ、などと的外れなことを言いだす。そして、だから原因を作った本人が指導して片づけさせろと怒りだす。その指導の仕方が気に入らないと更に怒りだす。もう地雷原突入です。
そうすると、子供がどう頑張って片づけても、重箱の隅を突くようにダメなところを見つけて怒る。子供もどう対処していいかわからなくなります。

一方的に文句を言われ続ける子供たちや私は、ただ黙って聞き流すしかない。
でもそうすると「いい加減に相槌だけ打って、真面目に話を聞いてない」と火に油を注ぐことになる。

で、一方的に爆発した後、何事もなかったかのように子供たちや私に接してくる。それも理解できない。

そんな相手を、もう一回好きになるなんてできるのかな…

にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ
にほんブログ村

エネルギー

夫婦関係の修復がうまくいかなければ離婚も選択肢の一部だと思います。

ただしそれは最後の手段だし、少なくとも子供が独立するまでは絶対に避けたい。
子供の独立…経済的に、ではなくて精神的に、かな。

精神的に独立しで、親の離婚を受け入れられるのって、幾つくらいなんだろう?あと十年くらい?

その十年の間に結論を出せばいいのかな?

これは判断を先送りにしようと逃げていることになるなんだろうか。
でも、セックスレスを解消するのも、夫婦関係を解消するのも、どっちも相当のエネルギーがいるんだよな~


にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ
にほんブログ村



ココロとカラダ

ブログに書いてみて、読んでくださった方からのメッセージも拝見し、皆さんのブログにも遊びに行き、だんだん自分の気持というか考え方というか、整理できてきた気がします。

ココロとカラダは、ニワトリとタマゴではなくて、やっぱりココロが先なのかなあ、と考え始めてます。ココロが繋がっていることが重要。ココロで求めあうことが本質で、カラダを求めあうのは、その結果、表への現れ方の一面でしかないのかなあ、と。

あたりまえの話でしょうかね。

でも、セックスが無いから優しい気持ちも持てない、と考えていたこともあったので、それは違ってたのかも、と少し新しい発見をした気になってます。

じゃあ、自分はココロから妻のココロを求めているのか…

最近家庭外で気が散ることも多く、なかなかココロを集中できません(苦笑)

金庫の鍵は金庫の中に

セックスは男女の間の重要なコミュニケーション手段だと思います。

普段は表に出さずに隠している、他人には見せられないような生物としての基本的な欲求を曝け出し合う。相手にだけ見せる身体の反応。快感のための要求、甘え、ワガママ。そして、相手の要求に少しでも応えたい、快感を与えたという気持。

肌と肌の距離がゼロの時だけ、ゼロよりもっと近い距離、彼女の中に入っている時にだけ口にできる愛の言葉。

今の私は、妻との距離を縮めたいけど、縮めるための愛の言葉は、もっと近寄らないと話せない、という矛盾に陥ってる気がします。

つまり、閉じられた金庫を開ける鍵は金庫の中にある、という状態。
コミュニケーションしたい、とコミュニケートできない。

なかなか解決の糸口がみつかりません。

反省

セックスレス解消に向けて、進捗なしです。

この前の妻との不本意なセックス(9/21記事)、その後のJ子とのあんなこと(10/1記事)、なかなか前向きに頑張る気になれません。

でも、図らずも二人の女性と続けて肌を触れ合ってしまい身体が目覚めたのか、性欲旺盛になって困ります。朝起きた時なんか本当に無駄に元気。状況が違えば夫婦そろって大歓迎な現象なんでしょうけどね。

そもそも、こんなにエッチ好きな自分が何であんな淡白な相手と結婚したんだろう…と考えてはたと膝を打ちました。

女性経験豊富なような気がしてたけど、恋愛いっぱいしたような気がしてたけど、それは結婚後の話で、結婚前は妻の他には4人しか恋愛経験なかったんですよね~


ひとりめ、E代

3歳年上のOL。彼女が添乗員をしていたツアーに私が参加し、気に入られてお持ち帰りされました。といってもご両親と同居の自宅で、かつ彼女の婚約者も同席(苦笑)
その後、時々二人で会うようになり、彼女に童貞を捧げることに(^^ゞ
マリッジブルー、ってやつだったんでしょうか?
お見合いではないけれど、幼馴染で、半分は親同士が決めたような婚約者。私も何度か会ったけど、とても真面目で優しくて、そして面白味の無い人。
彼女は恋愛経験も男性経験もその婚約者だけで、
その他の、自分で選んだ男を経験してみたかったんでしょう。
初めてのエッチは「こんなもの?」という印象でした。私も初めて、彼女もほとんど経験がなく、その後も快感に溺れるようなエッチは記憶にありません。秘密の関係は彼女の結婚式の直前まで続いて、そこで終わりました。

彼女のことを本当に好きだったというよりも、初めて女性と付き合って、そして女性の身体を知ってハマった、婚約者がいるのに…という、一緒に悪いことをしている感覚が楽しかった、という感覚が強かった気がします。



ふたりめ、M美

7歳年上のOL。彼女は非常にエッチに積極的で、いろんなことを教えてもらいました。暇さえあれば彼女の家に行き、彼女の手料理で酒を飲み、そしてセックス。外でデートした記憶があんまりありません。休みの日も朝から夜まで一緒に布団にくるまっていました。セックスもいっぱいしたけど、映画のこと、旅行のこと、小説のこと、話もいっぱいしました。今にして思えば、精神的にも肉体的にもすごく相性がよかったと思います。
でも、年齢的にも結婚を考え始めた彼女と学生の私の間にだんだん溝が出来て、「いつかポン太くんのお嫁さにしてね」という彼女の言葉に返事ができず、終わりに。
結婚前に付き合った女性の中で、彼女が唯一エッチだったかも。


三人め、Y香。

大学の友達。飲み会の流れで何となくエッチして、そのまま付き合うことに。エッチの経験もすくなく、あまり積極的ではありませんでした。J子とも仲よかったので、よく四人で遊びました。でもJ子のこともずっと気になってた私は複雑でしたが…
なので、のめり込むような恋愛でもなく、その後も、私が四人めのI美を好きになって終わりに。


四人め、I美。

バイト先の友達。遊びっぷりも派手で、男友達も大勢いるような、私がそれまで知らなかったタイプ。半同棲までしました。でも、エッチよりは飲みに行ったり海に行ったり、遊びまわった方が記憶に残ってます。I美といると、毎日が新鮮で刺激的でした。私も卒業間近だったし、遊び好きなI美を繋ぎとめておきたいという気持で結婚も意識しましたが、男友達の多かったI美が飲みに行ってそのうちの1人とヤッたことが判明。それで別れました。


そして、その後就職してから今の妻と知り合い、付き合いはじめるわけですが、よく考えたら、それまでの女性経験の中で、自分の性的嗜好というかエッチさというか、自分で気づいてなかったような気がしてきました。というか深く考えてなかったのかな?

独身時代にもっと勉強しておけばよかった。反省

いったい何がしたいのか

日本ブログ村、というところに登録してみました(リンクバナーが張れるらしいので後で頑張ってみます)。

で、登録ジャンルが複数選べて、複数ジャンルの比重も入力するようになっていたので、

レス夫婦 40%
夫婦再構築 40%
婚外恋愛 20%

にしました。レスを解消し、夫婦の仲を再びどうにかしたい、というのがこのブログの趣旨なので…

ただ、自分の行動を省みると、再構築なんて言ってたら叱られそうな気もします。

今までの行動パターン

①セックスレス解消の努力をする

②上手くいかず、婚外恋愛に逃避する

③婚外恋愛が終わる

④反省して①に戻る

の繰り返し。あ、②が妻バレしたことはありません。と思います。少なくとも私の感知する限り。

婚外恋愛してきたことが妻に知られたら再構築もないと思います。セックレスの寂しさを紛らわすため、だけど、妻を裏切ってきたことに変わりはない。でも、身勝手だけど、やっぱり妻と仲良く戻れるのなら戻りたい。

また、婚外恋愛の相手にも、レスの寂しさを紛らわすため、とか、妻と仲良く戻れるのなら戻りたい、なんて考えてることは言わない。それも相手に対する裏切りかな…

というわけで、私は身勝手な男です。あ~、自己嫌悪。

見えない出口

セックスレスを解消したいと思っているのに、久しぶりの妻とのセックスではかえって溝を感じ、新しく知り合ったK子さんにトキメキを感じ、昔好きだったJ子に切なくなり、いったい私は何をしているんでしょう?

理想は妻にトキメキを感じたり、切なくなるくらい好きになったりできたらいいんですが。お互いに。
そして自然とキスやセックスも求めあうような。

今でも妻を好きだから、というのとは少し違う気もしますが、二十年近く一緒にいて、家庭も営み、可愛い子供も授かり、一緒に築いてきたものは少なくないわけで、これから歳をとって、穏やかだけど、でもやっぱりすごく好き、って気持を持てたら、それが一番幸せだと思うんですよね。

まだまだトンネルの出口が見えません。
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。